お知らせ

2019-02-28 17:04:00
2019わんわん冬.JPG

 平成31年2月17日(日)「十日町雪まつり」で賑わう十日町市川治地区「つまり広場」で新潟県動物愛護協会十日町支部主催「わんわん運動会in雪まつり」が開催されました。

 当日は時々晴れ間が見える雪模様の天気でしたが、十日町・津南地区をはじめ県内・外から35組のワンちゃんと飼い主さんにご参加いただきました。「お手おかわり競争」「短距離走」など3種目の競技に加え「一発芸」を披露するコーナーもあり、皆様に楽しんでいただきました。来年もたくさんの皆様のご参加をお待ちしています。


2019-01-28 17:10:00
雪の犬.jpg

 十日町雪まつりの期間中、平成31年2月17日(日)に十日町市川治地区の「つまり広場」で新潟県動物愛護協会十日町支部主催「わんわん運動会 in 雪まつり」が開催されます。
 ワンちゃんと一緒に雪原を走る「短距離走」などの競技に参加しませんか。事前の参加申込は不要です。当日現地にお越しください。受付は午前9時から、競技開始は午前10時からです。当院はスタッフとして参加いたします。


2019-01-03 01:54:00

平成31年1月3日(木)は午前9:00~11:30まで、午後3:00~6:30まで診療いたします。


2018-12-04 20:05:00
C038E246-14F6-46B6-8648-40A6B8008F0A.jpeg

 平成30年12月2日(日)十日町市「クロス10」において、新潟県動物愛護協会十日町支部が主催する「ネコ殺処分ゼロを目指して・ゼロプロジェクトセミナー」が開催され、多くの市民の方にご参加いただきました。

 セミナーでは新潟県動物愛護センター(長岡市)より講師をお招きし、新潟県の猫の保護・譲渡に関する取り組みや、多頭飼育崩壊についてお話しいただきました。

 

 新潟県では平成20年には3000頭以上の猫が収容(飼いきれなくなった猫の持込等)されており、平成29年においても2000頭を超す猫が収容されています。その一方でセンターから新しい飼い主さんへ譲渡されるネコちゃんの数が年々増加し、平成29年度には1000頭を超える猫達が新しい家庭に迎えられました。このため平成20年には年間3000頭を超えていた殺処分頭数が平成28年以降は900頭台に減少しました。そんな中、近年「多頭飼育崩壊」に由来する猫の引き取り頭数が増えています。

 「多頭飼育崩壊」とは未避妊の猫を飼うことで自分だけでは面倒を見きれなくなるほど繁殖させてしまい、飼っている猫に対しても粗末な扱いをしてしまう事例のことです。その他、不適切な飼い方や野良猫に対する餌やりの問題点、猫の飼育と地域の関わりなどを考える有意義な時間となりました。 


2018-11-15 20:42:00
カラーを付けた猫.jpg

 冬は猫の繁殖期です。発情期を迎えたメス猫ちゃんの「大きな鳴き声」のご相談や、メス猫を巡る闘いで傷を負ったオス猫の来院が増える時期です。

 ネコちゃんの避妊・去勢手術は、望まない交配による妊娠出産を避けるだけでなく、病気の予防や、発情にともなう問題行動を避けるためにも役立ちます。妊娠を望まないならば、避妊手術を検討してはいかがでしょうか。

 手術は予約制です。わからないことがありましたら、お気軽にお電話またはご来院いただきご相談ください。また、避妊・去勢手術についてはこちらでもご説明しています。

 


1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...